Home > Exhibition > New Year special exhibition vol.2

白 白 庵 企 画 | PAKUPAKUAN presents

 


輝 け ! 第 一 回 「 壺 1 グ ラ ン プ リ 」

" The 1st TSUBO-1 Grand prix "


☆ ☆ ☆ 最 終 結 果 発 表 ☆ ☆ ☆

The announcement of the last count result

【 グ ラ ン プ リ 】 GRAND PRIX(同票2点選出)
か の う た か お 『 天 ヲ 繋 グ 』 22票 KANO Takao "Connect the sky" / vote 22
瀬 沼 健 太 郎   『 大   壺 』   22票 SENUMA Kentaro "Large pot" / vote 22
image-1 image-1
かのうたかお 『天ヲ繋グ』  
image-1 image-1
瀬沼健太郎 『大壺』  
*グランプリ受賞作品につきましては白白庵買取の上で所蔵となります。
 The grand prix prizes winner become the PAKUPAKUAN collection
※作品画像をクリックで拡大詳細ご覧頂けます。
 Click on the image to enlarge it.
3位 かのうたかお 「壺人の叫び」 20票
3rd prize KANO Takao “Cry of the pot man” / vote 20
4位 山田浩之 「大壺 ダークマター」 18票
4th prize YAMADA Hiroyuki “Large pot DARK MATTER” / vote 18
5位 和田山真央 「Rhythm」 17票
5th prize WADAYAMA Masahiro “Rhythm” / vote 17
6位 富田啓之 「スーパーノヴァ・オリジン」 13票
6th prize TOMITA Hiroyuki “Super Nova / ORIGIN” / vote 13
7位 フクモ陶器 「空也壺」 12票
7th prize FUKUMO Touki “KUUYA POT” / vote 12
8位 かのうたかお 「bo-tsu」 11票
8th prize KANO Takao “bo-tsu” / vote 11
9位 フクモ陶器 「幽体離脱壺」 10票
9th prize FUKUMO Touki ““Out-of-body experience” pot” / vote 10
9位 フクモ陶器 「壺中壺中壺中壺中壺」 10票
9th prize FUKUMO Touki “Pot out of the pot out of the pot out of the pot out of the pot” / vote 10
『壺1グランプリ』出展作品の一部は引き続き店頭にてご覧頂けます。
You can see a part of the “TSUBO-1 Grand Prix" exhibition work sequentially at gallery.
 
皆様のご来場・ご投票に心より感謝申し上げます。
初開催の壺1グランプリは予想を超える熱気に包まれ、大接戦で素晴らしい作品が選出されました。
また今後も「壺」ムーブメントを巻き起こすべく、白白庵から「壺」配信を継続して参ります。
どうぞ引き続きご注目くださいませ!

 

人 は な ぜ 壺 を 愛 す る の か 。

Why do people love TSUBO ?


新 春 特 別 展 其 の 二



New Year special exhibition vol.2 "The 1st TSUBO-1 Grand prix"


[日 程] 2020年1月18日(土) - 29日(水) *木曜定休
[時 間] 午前11時 - 午後8時
[会 場] 白白庵(3階ギャラリー、1階茶室)


[Date] Jan 18 (Sat) - 29 (Wed), 2020 *closed on every Thursday.
[Time] Open: 11:00 am Close: 08:00 pm
[Place] PAKUPAKUAN (3F Gallery & 1F Tea room)

人はなぜ 壺を愛するのか。
壺は何のために 作られるのか。
悠久の古代から、先端テクノロジーの現代まで人類を魅了してやまない壺の謎に迫ります。
審査員と来場者による投票で第一回グランプリを決定。
白白庵から壺の未来を発信していきます。
 
Why do people love TSUBO?
What are TSUBO made for?
We are becoming to close the secret behind TSUBO that continues to fascinate people from ancient times to the present of cutting-edge technology.
The judging committee and visitors will take a ballot on the 1st Grand Prix.
PAKUPAKUAN is transmitting the future of TSUBO.
 

 

【 会 期 中 の イ ベ ン ト 】 Event

オープニングレセプションパーティー
Opening Reception Party
日 時 / 1/18(土) 17:00-20:00
どなたでもご参加いただけるレセプションパーティーです。2階カウンターでは壺酒の振る舞いも予定しております。
《参加無料・予約不要》

[Date] 1/18 (Sat) 5:00 pm to 8:00 pm
《Free to Join, No reservation is required》

壺 茶会
"TSUBO" Tea Ceremony by YAJIMA Aiko
日 時 / 1月19日(日) 13:00-18:00
呈 茶 / 矢島 愛子 YAJIMA Aiko(Teaist / 白白庵)
第一回壺1グランプリの開催を記念し、一階茶室にて矢島愛子が白白庵的「壺点前」で皆様をおもてなし致します。
《参加500円(込)・予約不要(先着順40名様)》

[Date] 1/19 (Sun) 1:00 pm to 6:00 pm
[Tea Serving] YAJIMA Aiko (Teaist / PAKUPAKUAN)
《500JPY to Join, No reservation is required.》(Guests will be served in order of arrival, to the first 40 guests.)
矢島 愛子
YAJIMA Aiko

山田尚俊の壺生けライブ ~よい仕事は よいおやつから~
Live flower arrangement performance by YAMADA Shoshun
日 時 / 1月19日(日) 14:00-17:00
講 師 / 華道家・山田 尚俊 YAMADA Shoshun (大和花道・家元)
今展の審査員と会場の装花も担当する華道家の山田尚俊が、様々な壺に公開形式で花をいけるライブイベント。2階カウンターにて、おやつを挟みながら実施致します。
《観覧無料・おやつの差し入れ大歓迎》

[Date] 1/19 (Sun) 2:00 pm to 5:00 pm
[Tea Serving] YAMADA Shoshun (YAMATO KADO / Head master of a school)
《Viewing for FREE, feel free to bring some snacks / sweets.》
山田 尚俊
YAMADA Shoshun
 
【 出 展 作 家 】 Artist(敬称略・五十音順)

         
伊豆野 一政
IZUNO Kazumasa
(陶芸 / 埼玉)
  小野澤 弘一
ONOZAWA Koichi
(陶芸 / 栃木)
  かのう たかお
KANO Takao
(陶芸 / 京都)
  Keicondo
(陶芸 / 茨城)
  篠原 希
SHINOHARA Nozomu
(陶芸 / 滋賀)
  シマカミ リッカ
SHIMAKAMI Rikka
(絵画 / 鹿児島)
         
瀬沼 健太郎
SENUMA Kentaro
(ガラス / 秋田)
  田中 元将
TANAKA Motomasa
(陶芸 / 三重)
  田村 一
TAMURA Hajime
(陶芸 / 秋田)
  富田 啓之
TOMITA Hiroyuki
(陶芸 / 神奈川)
  フクモ 陶器
FUKUMO Touki
(陶芸 / 神奈川)
  山口 由次
YAMAGUCHI Yuji
(陶芸 / 愛知)
 
山田 浩之
YAMADA Hiroyuki
(陶芸 / 滋賀)
  和田山 真央
WADAYAMA Masahiro
(陶芸 / 和歌山)
計14名

※イメージ画像及び作品画像をクリックで拡大詳細ご覧頂けます。
 
【 装花協力・審査員 】 Flower arrangement / Judge
山田 尚俊 YAMADA Shoshun(大和花道・家元)

 
【 企画・ディレクション・審査員 】 Direction / Judge
石橋 圭吾 ISHIBASHI Keigo (白白庵主宰)